読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙の片隅で

アラサージャニオタの記憶と記録~山本亮太に魅せられて~

幸せにしてくれる人

宇宙Six 山本亮太 They武道

ちょっと痛いタイトルww

 

私、応援している人が何人もいて。

(過去記事貼ります)

 

utyu4utyu.hatenablog.com

 

いつも一人に絞るべきか悩むんですけど、でもそれぞれに違う魅力があるし、みんなのことを応援したい気持ちは本当なので、悶々と悩んで答えのないまま終わるんです。

 

お友達には、一番好きな子(いわゆる自担)を決めてる子もいれば、それぞれのグループに一人ずつ好きな子がいる子もいるし、様々で。

 

ただ、先日お友達から「ちーちゃんの世界一の人は誰になるんだろうね~」ってふと言われて、ハッとしたの。

世界一かぁ・・・

 

友達「私は山本亮太くんだったら嬉しいなぁ。

   彼は幸せにしてくれそうだもん!

 

 

 

・・・!!?

その考え方なかった!!

幸せにしてくれる!?

 

今まで(お金を払って)勝手に幸せになりに行くことはあっても、「幸せにしてくれる」って考えたことなかったなぁって。

「幸せをくれる」っていう言葉はよく聞くけど、「幸せにしてくれる」って、、、少し言葉が違うだけで全然意味変わる!

 

「幸せにしてくれる」ってどういうことだろう。

デビューするってことかな?

単独コンサートやってくれるってことかな?

ドラマに出ることかな?

雑誌の表紙を飾ることかな?

新しい景色を見せてくれることだろうか?

 

でもね、たぶんその子は、山本亮太はファンを悲しませることは絶対しない、っていう意味で言ってくれたんだと思う。

 

私がとある子を応援し始めたころ、すごくショックなことが続いて、私は本当にこの子を応援していけるのか、不安になったことがあって、その時色々お話聞いてくれてたから。

 

 

アイドルとファンの関係って特殊だと思うし、お互いに色んな物を与え、与えられ、それで成り立っている。

 

ファンは勝手な部分もあるから、応援しなくなる人もいるだろう。

でも、アイドルはその不特定多数のファンのためにアイドルで居続けてくれる。

うまく伝えられないけど。

 

ただ、彼は私が好きで居続ける限り、絶対に裏切ったりしないし、ずっとこっちを見ててくれる気がする(ホラーww?)

 

 

そういう訳で(?)私の自担は?と聞かれたら、山本亮です、と答えたいと思います。

 

 

 

 

ただ、りょうちゃんの好きなタイプは「一途な子」なんですよね・・・

私、全然一途じゃないorz

山本亮太のススメ②

宇宙Six 山本亮太 They武道

不定期更新、山本亮太のススメ!

 

以前の記事はこちら。

 

utyu4utyu.hatenablog.com

 

今日は続きを書きます。

 

4.熱い男!

性格について語るのはどうだろう、と思ったんですけど、彼自身が「熱い男だ!」と言い切っているので、書いちゃいます。

とにかく熱い!お仕事に全力で取り組む姿勢は尊敬。

最近の口癖「ケンカしよ」は、そんなりょうちゃんを端的に表していると思う。

ぶつかり合おう、ということだと思う。

本音で言い合うことの大切さ、それによって「ケンカ」しても、よいステージが作れればすべてOK、ステージが終わった後、よかった!って思えればそれでいい、そんなことを考えているんじゃないかなぁって。

そして、それはファン思いなりょうちゃんの気持ちが表れてる。

すてき。おとこまえ。かっこいい。すき←どさくさww

 

5.日本語が不自由

以前、ふぉ~ゆ~のぴたラジにて、リスナーから「They武道(当時)の山本亮太くんが、基本何を言っているのか分かりません。」と投稿があり、それについてふぉゆが「俺らも分かんないww」と言っておりました(笑)

ふぉゆのりょうちゃんのマネには(愛のある)悪意があるっ!(笑)

りょうちゃんの喋る言葉はすべてひらがなに変換すると、なんとなくりょうちゃんがしゃべっているようにのうないさいせいされます。これ、おすすめ。

あれ、それ、などの言葉も多いし、擬音も多いイメージ。

伝えたいことはニュアンスとテンパり具合で周りが察して、理解する。

それで成立しているTheyの関係性が好き。

さて、宇宙Sixの年少さんたちは、りょうちゃんと会話噛み合ってるんでしょうか?ww

 

6.一人称が「りょうちゃん」

ちょっと可愛いりょうちゃんをオススメしてる流れになってきたので、ここで忘れてはならない、一人称が「りょうちゃん」であるということ!

Johnny's webの連載でも、基本的には「りょうちゃん」と言ってます。

かわええ。

でも、PLAYZONEの特典映像で「ぼく」って言ってたから、たぶん何事もないときは「ぼく」って言ってるんだと思う・・・・どっちもかわいいじゃないか!

でも、ふぉ~ゆ~に言わせると、「りょうちゃん」じゃなくて「お~ちゃん」(そう聞こえる)だそうです。

「お~ちゃんね、お~ちゃんねぇ」って言ってるんだってww

(愛のある)悪意がある!(2回目)

 

 

 

 

 

さて、今日はここまで!(まだ続くの!?)

あ、でも次はりょうちゃんのダンスで好きなところ、語りたい←

滝沢歌舞伎2017

先日、無事に振込完了いたしました。

お金なくなったorz

 

ここまでの流れをおさらい。

 

FC会員(タッキー&翼、V6、ジャニーズJr.)へのメール配信

→2017年1月20日

 

【CAST】

 滝沢秀明

 

 Snow Man

 岩本照

 深澤辰哉

 渡辺翔

 宮舘涼太

 佐久間大介

 阿部亮平

 

 林翔太

 室龍太

 

 三宅健

 

申し込み締め切り

→2017年2月6日(月)

 

追加CAST発表

→2017年2月1日

 後藤泰観バイオリン)

 石垣大祐(ピアノ)

 

 

後藤くんと石垣くんも追加発表になって嬉しい(涙)

昨年までは、最初のメールの時点で後藤くん石垣くんの名前も掲載されていたということだったので、今年はいないのかと思った。

(だって後藤くん他のお仕事もあるし)

 

って、こんな調子で続々とCAST追加されていくんでしょうか・・・?

宇宙Sixも出ます?!

林くんだけじゃなくて、ほかの5人も追加されます!?

 

ドキドキ・・・

 

 

 

チケットになって返っておいでよ~

川口優くんが気になる

やまりょと仲良しという、福本大樹くんと川口優くんのことが気になっていたのですが、無所の顔を瞬時に判別できる能力は持ち合わせておらず、なかなか苦戦しておりまして。

 

しかし!この度、川口優くんのお顔を判別することができるようになりました!

 

ここで川口くんのプロフィールを紹介。

 

生年月日:1997年3月27日

出身地:千葉県

血液型:O型

 

今年、新成人だったのですね!おめでとうございます☆

ってことは目黒くんと同い年かぁ。若い!

 

りょうちゃん、なかなか若い子と仲良しなんだね^^

きっと面倒見のいいお兄ちゃんしてるんだろうなぁ。

あ、違うか。一緒にはしゃいでるのかww

 

あゆはぴコンの松本潤くんソロ曲ラストで、Jr.が花道に整列して決めポーズするところあるじゃないですか?

あの映像を少プレで見たとき、一番先頭に

江田ちゃん・誰か・やまりょ

って並んでいて、その真ん中の子が最後にお口をパッっと開いてて、可愛いなぁ~って思っていたんです。

でも誰だかわかんなくて。

 

Twitterで聞いたところ、川口くんじゃないか?ということになりまして。

みなさん、どう思われますか?

帽子かぶってて、顔が判別しづらいのと、Jr.の立ち位置が結構変更されていて、ツアー初期と立ち位置が変わってるのと、色々で、なんだか川口くんだ!って言い切れるような言い切れないような・・・

 

でも、あの小顔な感じと、シュッとした顎のラインが川口くんっぽいんだよね。

 

 

録画していた少プレのBYAKUYA/NEWSとか、ハロウィン音楽祭、ベスア、I SCREAMのDVDなど、持ち合わせている川口くん出演映像を見て、そこでは川口くんをすぐに発見できるようになったんだけど、やっぱりあゆはぴの彼が川口くんなのかは、自信が持てず。

 

 

ただ、手足は細くて長いし、大きくてクリッとした目と少しミステリアスな表情は素敵だし、かと思えば大きなお口をあけて口ずさんでいたり。

 

ちょっと七五三掛くんにも似てる・・・よね?

 

 

 

そういうわけで、最近気になる存在、川口優くん。

このDVDオススメです!っていうのがあれば、ぜひ教えてください☆

 

「亮太先輩」

山本亮太 宇宙Six They武道

みんな大好き☆山本亮太先輩のエピソード。

 

ことの発端は(大げさww)Johnny's webにてSnow Manが連載しております、「すの日常」。2017年1月30日、ふっかこと深澤辰哉くんの更新にて。

 

梶山朝日くんが礼儀正しい、とふっかが褒めている。

 

 

私はあんまり当時のことは知らないんだけど、Twitterで流れてきたものを拝見したところ、どうやら朝日くんはかつて、「山本亮太先輩」に礼儀について厳しく指導された過去があるそうで。

そんな朝日くんが、2017年になって、ふっかに褒められている。

なにそのエピソード。

数年の時を超えて、亮太先輩大好き芸人の心を掴んできた(涙)

 

 

過去、ふぉ~ゆ~のぴたラジにて、ふぉ~ゆ~が「俺ら、上下関係厳しかった最後の世代だもんね」(ニュアンスです)って言ってたのをふと思い出し、そのふぉ~ゆ~とともにM.A.Dとして活動していたTheyこたくん辺りも、きっと上下関係の厳しい時代を経験してきたのでしょう。

 

この間のあゆはぴコンで、嵐ツアーに初めてついたという某Jr.くんが、雑誌の取材で「They3人がこわい」って言ってたの見て、それは「怖い」っていうか「厳しい」んじゃないのかなぁって思っていて。

いや、もしかしたらそうやって伝えたかったのかもしれないけど、「怖い」って表現しちゃうとさ・・・ただ怒ってたわけじゃないでしょうに、とBBAは思うわけですよ。

 

 

と思ったんだけど、以前ダンススクエアで林くんが、「They3人は最初後輩から怖がられることが多い」って言ってたから、ほんとに怖いのかも(笑)

 

 

でも、私はそんなThey3人が好き。

やっぱり仕事に取り組む姿勢は、ピリッとしててほしい。

その上で、ステージ上ではキラキラの笑顔でいてほしい。

 

亮太先輩!

今後も後輩のご指導、どうぞよろしくお願いいたします。

 

いつか後輩たちも分かるときが来るはず。

あの時の「怖さ」の真の意味が。

 

 

(憶測も含みますのであしからず)

デビューがすべて?

ジャニーズJr.でなくなるのは、

デビューするか、辞めるかのどちらかだったのに、今では個人名で俳優業を中心に行っている方もたくさんいますね。

例えば、生田斗真くんや風間俊介くんなど。

あと、屋良朝幸くんも舞台を中心に活躍してますね。

 

私は、結構これは大きなことだと思っていて。

 

デビューできないのではなくて、デビューしないという選択肢が出来たと考えることもできるなぁと。

ポジティブ。

 

いや、だって今いるJr.全員をデビューできるわけないから、そうなってくるとデビューだけがすべてじゃないし、違う道もないといけないと思う。

ただ、その「道」が確立されていないのが不安要素。

 

だから、個人的には「舞台班」「役者班」「バックダンサー班」みたいなのができていってもいいなぁって思う。

 

ちなみに、私が「宇宙Six」「ふぉ~ゆ~」「Snow Man」に対して抱いている将来像もすべて違います。

 

もちろん、全グループに歌って踊る機会を定期的に設けてほしいのは同じなんだけど。

(そのためにクリエは必須です!今年も何卒・・・!)

 

ただ、世間一般的には、デビューしていない=ダメ、みたいな認識で。

職場の先輩にジャニ事お話しすることがあるんだけど、最終的には「デビューしてないんでしょ?」「バックダンサーでしょ?」って言われるんだよね~。

悲しい。

 

自分の気持ちが整理できてないのに、ただつらつらと書いてしまったもんだから、着地点が見えないんだけど(笑)

でも、それぞれの持ち場でキラキラ輝く姿を見続けていきたい。

数年先の未来はどうなってるか分からないから、今を全力で見ていたい。

Jr.担って、そこに行きつくよね・・・。

山本亮太のススメ①

宇宙Six 山本亮太

山本亮太くんの魅力をお伝えする時間です(え?)

シリーズ化するつもりなので、タイトルもすでに「①」としてあります。

 

この先、りょうちゃんのことを新たに好きになってくれた方が現れたとき、少しでも役に立てばと思います。

 

ちなみに、約10年前の記憶と、ここ2~3年の記憶のみで語っておりますので、知らないこともたくさんあります。私も、りょうちゃんのことをしっかり見てなかった数年間を取り戻すべく、勉強中です(後悔しまくり)。

 

では(無計画に)行ってみよ~!

 

 

1.見つけやすい。

だいたい金髪です。

正しくは、明るい茶髪かな?

ABC-Zの塚田くんほどの金髪ではないですが、だいたいステージ上にいる子たちの中で、1番目か2番目に髪色が明るい。

嵐コンだと、秋山大河くん(MADE)も明るいこと多いけど、りょうちゃんは小さ・・・おっと。小柄です(大河くんはもっと大きい←)

164.0cmです。(2017年1月発売 ダンススクエアVol.17より)

ちなみに、They武道(3人)だった頃は、りょうちゃんを見つければ、その両脇には江田ちゃんと林くんがいて、背が高い方が林くんだったんだけど(雑)、宇宙Sixになってからはそういう見つけ方はまだ発掘できず。でも林くんとシンメなので、だいたいセンターにいるかな、と。

金髪で、クルンクルン回って、ダイナミックに踊ってる小さい子がいたら、それはだいたい山本亮太です(雑その2)

ただ、ありがたいことにセンターで踊らせてもらえることが多いのですが、主演・主役の真後ろになることも多く、そういう時はもれなく隠れますww

見えません(;▽;)

 

 

2.片えくぼ

笑うと右頬にだけ現れるえくぼ。

チャーミングです。かわいい。

自らチャームポイントに挙げるくらい♡

ダンススクエアVol.17より)

 

3.ダンス&アクロバット

りょうちゃんの名言と言えば、ダンスしてれば元気になっちゃう。疲れない!」(ザ少年倶楽部2008年5月舞闘冠で出演時)ですね!

当時18歳(?)なので、もうそりゃ可愛い可愛いりょうちゃんが、ニコニコの笑顔(もちろん片えくぼ)で言うんです。

でも、本当に楽しそうに、その曲の世界観を全身で表現するところは、今も昔も変わっていないと思います。

最近は、後輩とスタジオを借りて数時間踊りっぱなし、とかやってるみたいですね。元気元気!!(怪我だけはしないでね・・・)

りょうちゃんのダンスは遠目でもすぐにわかる。というか、ダンスはみんな癖があるので、好きな人って動きだけで分かるようになりますよね~。

りょうちゃんのダンスでどこが好きかっていう話は、別記事で書きたいほどたくさんあるので、ここでは割愛。

そして、ここ数年でりょうちゃんのダンスは確実に変わった!過去作品を遡って見ていくと分かります。興味のある方はそんな見方も楽しいかも☆

 

クロバットもすごいです!

技とか詳しくないので、何ができるとかは分かんないですが(おい)、バック転、バック宙は普通にクルンクルンと。

Snow Manの佐久間大介くんはりょうちゃんにバック転を教えてもらったみたいですね。たぶんりょうちゃんに習った子は、もっと他にもいるはず・・・調べますφ(..) 

 

 

 

 

長くなってきたので、また「その②」でお会いしましょう!

では、Japonism観ます~♡